image_tag ヘルパーを使用したときに assets path の書き方をいつも検索してしまうので、備忘録。

このヘルパーを使用した時の画像パスは、デフォルトで app/assets/images/ を参照するようになっているので、表示させたい画像が images ディレクトリにある場合は、画像のファイル名だけ記述するだけで大丈夫。

=image_tag 'image.png', :alt => '画像だよ'

※ ちなみに alt 属性は指定しないと、画像のファイル名の拡張子以外の部分の先頭大文字で設定してくれます。ファイル名にアンダースコアが入っている場合はそこが半角スペースになって設定されます。

そして、ついでに image_tag ヘルパーなら画像の幅と高さの指定も簡単にできます。

=image_tag 'image.png', :alt => '画像だよ', :size => '100x150'

幅と高さを別々に指定する場合は

=image_tag 'image.png', :alt => '画像だよ', :width => '100', :height => '150'

こんな感じです。